「法人⇒個人」「個人⇒法人」…顧客を変える発想とは?

売上が停滞している時や、同業者との厳しい競合状況から脱したい時は「法人に提供していたものを個人に」「個人に提供していたものを法人に」のように、従来の顧客を変えてみる発想を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

 

例えば、理想科学工業は法人向け印刷機を製造販売していましたが、従来のノウハウを活かして個人向け小型印刷機を開発。名称を「プリントゴッコ」として販売し、大成功を収めました。

 

また、空調機器を製造するダイキン工業も業務用エアコンで培った技術を応用し、個人向けエアコン「うるるとさらら」でトップシャアを獲得しています。

 

これらは大手企業の事例ですが、小規模法人や個人店舗でも顧客先を「法人➡個人」「個人➡法人」に変えることは可能です。

 

「法人に提供していた製品にアレンジを加えて個人客に提供する」「個人に提供していた商品をパッケージ化して法人に提供する」など、発想を変えれば、きっと新たな顧客先を増やすことが出来るはずです。