個人経営店は必ず「テスト・マーケティング」を!

店舗経営の継続に向け、新商品・新サービスの企画提供は欠かせません。

 

但し、特に資本が少ない個人経営店にとっては、これらの新たなチャレンジが失敗に終わった場合、大きな経営ダメージを負うことになります。

 

当社がご相談をお受けする店舗経営者にも「新たな施策を取り入れたいが、失敗に終わった時に負うリスクが心配。一歩を踏み出せないでいる。」という方が多くいらっしゃいます。

 

そのようなお悩みの店舗経営者に必ずお勧めしているのが、テストマーケティングの実施です。

 

企画した新商品や新サービスを最初から大きく市場に投下するのではなく、まずは小さく(少量)提供し、お客さまの意見や反応を吸収・アレンジを加えた上で、再度小さく提供してみる。この繰り返しを経て市場に出すことで、失敗リスクはかなり軽減されます。

※評価が改善されない場合は、新たな商品やサービスの計画自体を見直す必要があるでしょう。