「声なき声」を把握できていますか?

経営者は、従業員が仕事を行う上において「何に悩み」「何に困り」「どのようなトラブルを抱えているか」をご存じでしょうか?

いわゆる「声なき声」です。

 

今回のコロナショックも加わり、何らかの悩みを抱える従業員は現在、急増しています。

 

従業員の悩みや心の乱れを放置していれば、やがて退職者が増えたり、組織内トラブルが頻発したりと、マイナス作用が顕在化してきます。

 

このような事態に陥らないためにも、従業員が抱える悩みや葛藤を経営者はしっかりと受け止めたいところです。

 

しかし、経営者が本音を聞き出すために面談したところで、なかなか従業員は心を開かないもの。

彼らは自分の考えを経営者や上司に知られることに対して、強い抵抗感を持っているのです。

 

そこで私のような第3者の立場、且つ現場感覚とカウンセリング技術を持つ専門家が面談をすれば、鬱積した感情や想いを聴きだせる場合が多くあります。

 

従業員がそれらを話すことでガス抜きの機会となり、また業務上どのような悩みがあるのかを経営者も知ることができます。

 

まずは第3者のサポートを得て、その後は自社内で「面談の定番化」を仕組み化するのも一考かと思います。