小さな会社 応援シリーズ/過去を捨てる!

会社は、鮮度の良い情報や取引先を常に取り込む必要があり、そのためには、様々な不要なものを捨てなければなりません。

 

では、どのようなものを捨てる対象にすべきかをお答えします。

それは、過去において自社の成長に寄与したものの、現在は自社にとって必要ではなくなったものです。

 

例えば…

・以前は大きい売上があったが、現在はほとんど取引がなくなっていまった顧客

・以前は会社の成長を支えたものの、現在はほとんど売れなくなった自社製品

・創業当初に活用されたものの、現在となっては時代遅れの内容となった社内のマニュアルやアイデア

・以前と比べ、効率性が悪くなってきた社内機器

・一層の成長が望めない役員・社員  など

 

これらを捨てたり、排除することで、代わりに鮮度の良い情報や取引先を手に入れることが出来るのです。