看板の「危険サイン」を見逃していませんか?

自店の広告物や看板の「危険性」について、意識をされていない店舗経営者を多くお見受けします。

 

屋外に設置している看板は、雨や風、日差しなどの厳しい自然環境にさらされています。

表面からは問題ないように見えても、内部では腐食が進み、落下や倒壊などの事故を招く恐れがあるのです。

 

本日は、看板の「危険サイン」をチェックする10のポイントをお伝えします。

改めて、自店の広告物や看板の安全点検をされてはいかかでしょうか。

 

①部材・部品が欠落している

②看板本体が傾いている

③パネル部がガタついている、または、外れかけている

④照明が正常に点灯していない

⑤主要な部材に、変形、サビ、腐食が認められる

⑥取付部分、または、支持部分に変形、サビ、腐食が認められる

⑦ブラケットからサビ等の汚ダレが認められる

⑧照明器具が傾いている、または、外れかけている

⑨パネル板に、ひびや破損が認められる

⑩表示面に汚れや変色、剥離が認められる

 

これらの「危険サイン」を見つけた場合、屋外広告業者に詳細点検や補修を依頼することをお勧めします。