経営者の社内コミュニケーションについて

最近は、従業員とのコミュニケーションの重要性について、かなり意識されている経営者が多いようです。大変良い心掛けではあるのですが、1点ご留意いただきたいことがあります。

 

それは「役職者を飛ばして、直接従業員や社員とコミュニケーションをとるべきではない」と言うこと。

 

経営者が幹部・役職者を飛ばし、直接従業員とコミュニーケーションをとることで、従業員は徐々に社長にロイヤリティ(忠誠心)を抱くようになる一方で、幹部や役職者の存在を軽んじるようになります。

 

従業員が「自分は直接、経営者とコミュニケーションがとれる存在」と思い込んでしまうのです。

 

このような状況になれば、幹部・役職者が社内で機能しなくなるばかりか、幹部・役職者自身の成長機会も奪われることになります。

社内で幹部や役職者の存在が薄まれば、その反動で社長への負荷は確実に高まり、やがて会社が弱体化してゆく可能性もあります。

 

従って、経営者の社内コミュニケーションの対象は、まず幹部や役職者であることをご認識ください。