相談相手を考える(特に経営に関して)

誰かに相談してみることで、課題解決に向けたヒントを得られることがあります。

但し、経営上の問題や課題を相談する場合においては、相手が誰でも良いということはありません。

 

例えば、気心の知れた相手に相談すればきっと親身になって相談に乗ってくれますし、あなたの味方になってアドバイスもしてくれるはずです。

 

でも、留意しなければならないのは、気心の知れた相手からのアドバイスの多くは個人的見解による「無償のアドバイス」である点。

 

親しい関係にある彼らからは、客観的立場でのアドバイスを期待するのは難しいと言えます。

また、アドバイス内容も問題の核心をついていない対処療法的なものとなるケースも多く、その結果、なかなか問題解決に至りません。

 

従って、問題に直面したときは相談しやすい相手ではなく、まずその道の専門家に相談することをお勧めします。

場合によっては、相談費用が発生する場合もありますが、問題解決に多くの時間を要することで経営ダメージを長引かせるよりも「お金で時間を買う」位の心構えで対応する方が、結果として、高い費用対効果が得られるはずです。