家族経営は「諸刃の剣」

家族経営のお店を多く見てきましたが、その中でも長くご商売を続けているお店は家族だけで構成された最小のチーム編成や強い絆、高い連携力、金銭管理の安心感など、長く商売をするための必要条件を満たしています。

 

また、経営維持の苦労を家族内で意識共有しているため、互助意識が働きやすいことも長く経営を支える理由の一つと言えます。

 

これらの条件でみれば、家族経営の強みを発揮することで「最強の経営」が実現すると言ってよいでしょう。

 

ただ一方で、家族経営にもかかわらず、経営や売上が低調続きのお店も存在します。

その理由は、家族だからと緊張感が欠如し、完全にタガが緩んでしまっているため。

 

このような店舗運営では、当然お客さまのニーズや反応への感度は薄れ、やがて活気も失われてゆきます。

当然、お客さまの離客が進むことは、言うまでもありません。

 

これらのように、家族経営は諸刃の剣、なのです。

是非、家族だからこその「強み」を活かした経営を実践して欲しいと思います。