買って欲しいお客さまは誰ですか?

あなたのお店は、自店の商品(サービス)をどのようなお客さまに買って欲しいのか?、が明確でしょうか。

 

不明確であれば、今からでも明確にすべきです。

理由は、売上を上げるための対策が立てやすいから。

 

尚、買って欲しいお客さまを明確にする際には「40代以上の女性」や「サラリーマン男性」といった漠然としたレベルではなく、もっと具体的に掘り下げることがポイントです。

 

例えば「子育てで忙しい毎日を過ごしつつも、お洒落や美容に関心の高い40代の主婦」や「休日には家族とアウトドアライフを楽しむ、50代サラリーマン」というように、お客さま像を掘り下げることで、提供する商品の具体化やそのキャッチコピーが明確になります。