幹線道路沿いの店舗が、集客のためにやるべきこと

交通量の多い幹線道路に面している店舗は、場所の特性を活かすためにも

車で通行するお客さまに店舗をアピールし、来店を促したいところです。

 

そのための最も重要な取組みは、目立ち力のある看板の設置です。

時速40kmで走行中のドライバーが看板を認識し、瞬時に購買意欲を喚起させ

ウィンカーの作動や駐車場への進入を行う、といった一連の行動を起こさせるには

距離にして100m、時間で6秒要します。

 

従って、看板は100m離れた地点でドライバーが認識可能なデザインや文字、コピーであることが求められます。

また看板のベースとなる色は、周囲の店舗看板をチェックした上で、同化しない色を選択することも

看板でインパクトを出す手法の1つです。

 

幹線道路沿いの店舗は、関西風に言いますと「目立ってナンボ」です!