閑散期をどう乗り切るか、がポイント!

多くのお店には、1年の間に繁忙期と閑散期が存在します。

 

繁忙期は来店客も多く、目の前の仕事を全うすることで売上を作ることが出来ます。

一方、繁忙期の次に訪れる閑散期に突入すると、途端に「この時期は仕方ない…」とあきらめモードになる経営者が、なんと多いことか…(苦笑)

 

しかし、閑散期でも一定の売上を確保できている店舗が存在することも事実です。

これらの店舗は、閑散期が訪れる数カ月前から対策の検討をスタートし、閑散期に突入すれば、早速対策を実行し成果を上げてゆきます。

 

例えば、予め自店の閑散期時期に高まるお客さまニーズを調査・推測しておき、閑散期になれば、一気にお客さまニーズを充たす商品ラインナップに変更することも有効策の1つです。

また、自店の閑散期に来店いただくと得られるお客さまメリットを設定し、繁忙期に来店される多くのお客さまへ事前告知しておくことも効果的です。

 

閑散期をあきらめるのか、または対策を講じるのかで、その1年の業績が大きく異なります。

あなたのお店はどちらを選択しますか?