まずは幹部を一人育てましょう

経営継続するためには、兎にも角にも「売上」が必要です。

 

では、売上を上げ続けるために、経営者が最優先で取り組むべきこと…。

それは、経営者自身の分身でもある「幹部」をまず一人、育てることです。

 

小さな会社であっても、経営者一人で社内全体に目を光らせ、陣頭指揮をとり続けることは大変難しいでしょう。ましてや、経営者が社員一人ひとりと向き合い、それぞれの特性を踏まえた人材教育や指導を行うことは到底不可能でしょう。

 

そのような時、信頼できる一人の幹部がいれば、人材教育を含めた会社運営を手分けして対応することが可能となります。

また、状況によっては、経営者と幹部の二人によるダブルチェック機能で、様々な点でのリスク防止を図ることも可能となります。

 

現在、あなたの会社に信頼できる幹部が不在であれば、ぜひ幹部候補者の選定と育成に取り組んでいただくことをお勧めします。