1階路面店以外の店舗が押さえるべき、2つの集客ポイント

店舗が建物の2階以上または地階に位置する場合、1階の路面店舗と比較すると、集客のハードルは高くなります。

 

ある調査で「店舗の入りやすさ」を数字化したところ、1階の店舗を「100」とした場合

2階は「87」、3階は「61」、4階は「47」、地下1階は「81」という結果が得られました。

 

1階の店舗と比較すると、それ以外のフロアは概ね家賃が低いため、それ自体メリットではありますが、調査結果の通り、お客さまに来店頂きにくいデメリットが立ちはだかります。

このデメリットを払拭しなければ、経営継続は困難と言えます。

 

では、1階の店舗よりも露出が少ない(目立たない)階上、または地階のお店はどのように集客すればよいでしょうか。

本日は、大きく2つの基本ポイントを紹介します。

 

1つ目は、看板・サインの表示。

大手チェーン店の看板・サインは店名やロゴを大きく表示しているケースがほとんどですが、これは大手チェーン店だけが通用する手法です。既に名前や商品が社会に周知されているからこそ、この手法で集客が図れるのです。

 

一方、個人店は一般的に知名度が低いことから店名・ロゴだけでは集客が図れません。

看板表示は、お店の特徴や強みについて文字数をなるべく少なく、且つ文字級数はできるだけ大きくし、表示することが重要です。

 

2つ目は、店内の様子や雰囲気がわかる写真などを掲出すること(写真には良いイメージが伝わるものを厳選する)。

これで初回入店の不安感が、大きく軽減されます。

 

これら2つのポイント以外にも、様々な仕掛けをつくることで更なる集客も可能です。

集客にお困りの方は当社にご一報ください。