住宅街立地の店舗事業者が行うべき「商圏調査」とは?

住宅街で店舗経営している事業者さまに、必ず取組んでいただきたいことがあります。

 

それは「店舗の商圏の特性を知り順応する」こと。

 

「どのような人たちが暮らしているのか?」

「どのような業態の会社や工場があるのか?」

「病院はいくつあるのか?」…

 

これらを調べ、自店の商品やサービスを商圏の特性に応じて変容させる。

より一層お客様ニーズをキャッチした商品展開が可能となり、売上改善に繋がる可能性が高まります。

 

また、営業時間を再考するきっかけにもなります。

例えば、早朝の時間帯に自店への来客が見込める地域特性がある場合、営業時間帯を早めるなどの順応を行うことで来店客数が飛躍的に伸びることもあります。

 

住宅街立地の店舗は地域住人のルーティン利用を獲得して経営地盤を作る必要があります。

そのためにも「(住宅立地ならではの)商圏調査」は欠かせない取組みの1つと言ってよいでしょう。