飲食店のBGM

調理中の写真

店内で流すBGMは、経営者が好きなジャンルの音楽や店舗コンセプトに合わせた音楽、テレビの垂れ流しなど、様々なパターンがあります。

 

では、BGMを流す目的は何でしょうか?

「お客さまにリラックスいただくため」「隣のテーブルの会話が気にならないようにするため」「静寂な店内では味気ないため」など、これも様々な理由がありそうです。

 

これらのBGMに加えてもう1つ、特に飲食店において、お客さまに聞いてもらうべき「音」があります。

 

それは、「調理中の音」です。

例えば、フライパンで炒める音やフライを揚げる音、肉や野菜を包丁でカットする音など、調理をしている音は、料理を待つお客さまにとっては食欲をそそる最高のBGMとなります。

      

食欲を満たすために訪れたお客さまに対して「耳」でも料理を楽しんでもらいましょう。