「人は辞める」ことを前提に経営しましょう

従業員やアルバイトがすぐ辞める…、と悩む経営者は大変多いようです。

実際、人員不足が解消されず、やむなく閉店に追い込まれるケースも珍しくありません。

 

このような状況の中、店舗経営者の方に、1つの考え方をお伝えしておきたいと思います。それはタイトルの通り、「人は辞める」ことを前提にする、です。

 

従業員も、アルバイトも、「定着」することを前提として店舗運営を組み立ててしまうと、その後一人二人と辞めてしまった場合、たちまち店舗を運営維持できなくなるのです。

 

経営者がいくら努力を尽くしても、人が辞めることを完全に防ぐのは不可能です。

従って、人が多少辞めたとしても経営基盤が揺るがないよう、最低人数でも回せる店舗運営システムを作ることに取り組んでいただきたいと思います。