品質を上げる、とは?

商品の品質を上げることは、経営継続を考える上で、重要な取組みの1つです。

 

毎日研究を重ねて、品質を上げるための努力を重ねている経営者は当然報われるべきなのですが、その前に、改めて考えていただきたいことがあります。

 

それは「お客さまが自店の商品に求める品質とは何か、またはどの程度品質が上がることを望んでいるか?」を経営者のあなたが理解しているかどうか、です。

 

この点が理解出来ていないにもかかわらず、仮に品質の向上が図れたとしても、それは経営者の「一人満足」が満たされるだけで、お客さまが求めている品質の向上ではない可能性があるのです。そうなれば「品質が上がっても、売上は上がらない」残念な結果となってしまうかも知れません。

 

従って、商品の品質を上げるためにまず最初に取組まなければならないのは、お客さまが自店に求める商品の品質について理解すること、なのです。