「平均的な店」は「選ばれる店」にあらず

売上が伸び悩むお店に多い特徴。

それは「全てにおいて平均点」であること。

 

商品、店舗イメージ、サービス、接客、価格、ボリューム、内外装など、あらゆる点で同業他店と比べて特別劣る点がないものの、特別優れている点もないお店です。

 

これらのお店は全てにおいて平均的な印象。

そのため、お客さまがわざわざそのお店を利用する理由が乏しく、一度来店しても再来店に繋がりません。

 

お客さまをお店へ誘引し続けるための必要な取組みは、やはり次の2点です。

まずは、そのお店ならではの「優位性や強みを打ち出す」こと。

して、その優位性や強みを「持続的に発展させてゆく」こと。

 

この2点の取組みが奏功することでようやくお店の軸が定まり、次第にお店の個性や魅力も高まってゆきます。