「店舗販促の80%は失敗」の現実

広告やチラシ、SNSなどを使った販促に、相応の予算と準備時間をかけて取り組む店舗経営者の多くが、実施後に悩むことになります。

「売上・集客アップに繋がらない…」と。

 

でも、悩む必要は全くありません。

そもそも1つの販促策で成果が出る確率は20%程度。80%は失敗に終わるからです。

 

従って、予算と時間をたっぷりとかけた大型販促策を年1~2回実施するのではなく、1つ1つの販促になるべく予算と時間をかけずに様々な販促にチャレンジする方が、販促の成果を得られる確率は格段に高まります。

 

販促策が外れるのは、当たり前。

 

だから「1つの販促で成果が得られなかったら、次の販促施策に切り替える」。

この繰り返しを経て、ようやく店舗販促で成果を出せる経験値を得ることができるでしょう。