その商品、お客さまの何に貢献しますか?

自店・自社が売っている商品を、ご自身がお客さまになったつもりで購入、使用してみるとどのような感想を持つと思いますか?

 

その感想を分析・抽出したものが、お客さまに提供できる「商品価値」となります。

 

では、自店・自社が提供した商品価値は、お客さまの何に貢献しているのでしょうか?

お客さまがその商品を購入、使用することで得られる商品価値が、「便利さ」「快適さ」「安心」「楽しさ」等、何らかのお客さま貢献に繋がるのであれば、必ず販売時に伝えるべきですよね。

 

単に商品を売っているだけでは、ただの「物売り」です。

 

その商品は、どのような商品価値があって、その商品価値がお客さまの何に貢献できるのか?

これらを伝えるのが、商品販売の本質なのです。