お客さまは何処を見ているか?

来店されたお客さまが、店内の何処に目線を送っているかを意識したことはありますでしょうか。

 

例えば「店内の待合スペースで順番を待っている時間」「商品をオーダーした後、提供されるまでの時間」「サービスを受けている時間」「会計時に釣り銭を受け取るまでの時間」など、お客さまは店内で様々な時間を過ごしており、その間、店内のあらゆるところに目線を送っています。

 

その目線の先に経営者は注意を払うことで、お客さまからの視認性の高い場所を割り出し、更にその場所へ対策を講じることで、お店を効果的にアピールすることが出来るのです。

 

但し、まず注意しなければならないのが、お客さまの目線が送られやすいポイントが汚れていたり、埃が溜まっているケースで、この場合は定期的に掃除することが必要です。また、色褪せたポスターが貼られている場合は、即時取り外してください。

 

その上で、自店がお客さまに最も伝えたい情報、知って欲しい情報を「一目でわかるよう、見やすく」掲出する。

きっとお客さまへ、大切な情報が伝達される可能性は極めて高くなるでしょう。

 

伝えたい情報はお店が直接語りかけるよりも、お客さまの目線の先に存在し「興味関心を持って自らの意思で見ていただく」方が確実に伝わります。