デリバリーサービスについて

売れ行きが良くないから、といってデリバリーサービスを検討されている飲食店経営者の方は

より慎重な検討が必要であることをお伝えします(悪条件の立地で集客に苦労されている経営者も、デリバリーサービスを検討されることが多いようです)。

 

デリバリーサービスを単なる配達業務と捉えてしまい、簡単にサービスを開始してしまうと

宅配スピードが求められることによる交通事故リスクや時間経過に伴う品質劣化など、様々な

問題に直面し、その結果、早期にサービスを中止せざるを得なくなることが大変多いのです。

 

現在、デリバリーサービスを行っている企業や店舗も、初動期は何度も失敗を繰り返し、現在の運営ノウハウを確立しています。

特に個人経営の店舗が見よう見まねで出来るサービスではない、と認識いただく方が良いと思います。

 

それでもデリバリーサービスを開始したい場合は、問題や失敗があることを予め織り込んでスタートをすることです。

または、デリバリーサービスを回避し、今一度店舗集客の強化を図るための商品やサービスの向上に努めるべきでしょう。