八百屋さん、お花屋さんへの店内音楽のご提案!

クラシック音楽、特にモーツァルトの音楽は人間の心身を良好にする、とされていることは、既に様々な研究により周知されています。

また、動物や野菜、植物の育成にも優れた効果があると言われています。

 

例えば、モーツァルトの音楽を聞かせることで牛は肉質が柔らかくなったり、トマトは甘みが増した、といった研究結果も得られています。日本酒や焼酎も味がまろやかになった、との報告もあるようです。

 

これらの話を踏まえれば、野菜や植物を取扱う八百屋さんやお花屋さんが、店内でモーツァルトの音楽を流していることを発信、周知すれば、お客さまへ自店が取り扱う商品の「特別感」をアピールできそうですね。

 

モーツァルトの音楽のように、作曲者が死後50年以上経過した楽曲であれば、著作権費用の発生なく、無償で店内BGMとして流すことが出来ます。他店との差別化策の1つとして、検討されてはいかがでしょうか。