ショーケースの商品陳列方法について

人の視線は、概ね左⇒右に移る習性があります。

 

この視線の動きを踏まえた商品展示を行うことで、お店が売りたい商品をお客さまへ買っていただけるように誘導することが出来ます。

 

まず、目立つ商品やインパクトのある商品「見せ筋」商品を一番左に配置することでお客さまの注目を集め、「見せ筋」商品の右側にはお店が最も売りたい商品や最も売れる商品「売れ筋」商品を配置します。

また、更に「売れ筋」商品の右側にはこれから売上を伸ばしたい商品「育て筋」商品を並べてください。

 

このように「見せ筋」⇒「売れ筋」⇒「育て筋」の順に商品を配置することで、まずはお客さまの注目をショーケース内左側に集め、その後「見せ筋」商品と「育て筋」商品が引き立て役となって、結果的に中央に位置する「売れ筋」商品がお客さまから選択されやすくなります。また「育て筋」商品も認知を得られることから、同時購入または次回来店時に購入いただける可能性が高まります。

 

単に「売れ筋」商品だけを前面に押し出すのではなく、このように戦略性を持って商品陳列してゆくことでお客さまの選択に影響を与えることが出来るのです。