飲食店における、小さな悪人とは?

飲食店において、何より留意しなければならないことがあります。

 

それは、経営をも脅かす小さな悪人ー

ゴキブリなどの害虫対策です。

特に真夏の季節になれば、店内の客席や床、壁などで目撃することも多くなります。

 

これらの害虫を目撃したお客さまがどのような反応をするのか、ご存知でしょうか。

大半のお客さまは黙ってその場の食事を切り上げ、もう2度とそのお店には来店されないの

です。

これでは、料理や接客をいくら頑張っても、1回害虫を目撃されるだけで全ての努力が無駄になってしまうことになるのです。

 

害虫を目撃する店のほとんどは、油がテーブルや床に付着してベトついていたり、店頭や店内のお客さまから見える範囲で汚れが一目で確認できるものです。

 

対策としては、1週間に一度の大掃除ではなく毎日の掃除(クレンリネス)を徹底すること、そして掃除や害虫駆除の専門会社へ依頼することも有効策となり得ます。

 

身に覚えのあるお店は、早急に対策を行ってゆきましょう。