新商品は「カテゴリー」と「シナジー」を意識!

新商品開発に情熱を注ぐ事業者に、ご留意いただきたいことが2点あります。

 

まず、新商品が既に提供している他商品と同じ「カテゴリー」に属さないか否か、です。

 

例えば、既にイチゴのショートケーキを提供しているにもかかわらず、同じカテゴリーに属する新たなイチゴのケーキを開発した場合、既存のショートケーキと新商品のケーキが競合してしまい、結果的に共食い(カニバリゼーション)が発生しやすくなります

 

これでは、折角の新商品が新たな売上や需要の上積みに繋がらず、大変非効率です。

ぜひ新商品を開発する際は「新たなカテゴリーを作る」ことを意識し、取組みたいところです。

 

もう1点は「シナジー」です。

 

「相乗効果」「共同作用」という意味で、新商品の提供で既存商品が改めてお客さまに注目・評価される機会となるように工夫を図ることで、更なる売上成果を得ることが可能となります。