その募集、本当に必要ですか?

店舗や事業の規模が大きくなれば、アルバイトやパートなどスタッフの戦力が一層不可欠となります。

 

一方、従業員を多く抱えることで、人件費が経営を徐々に圧迫してゆくのも事実です。

 

従って、従業員の採用は、店内や現場が忙しくなったからと直ぐに追加採用するのではなく、本当に人材を追加しなければならないのかを、まず十分に検証する必要があります。

 

その検証とは、人材を追加することなく「業務の生産性や効率を上げること」で運営オペレーションに改善される余地が本当にないのかを確認すること。

 

仮に、生産性や業務効率が悪い状況で新たな従業員を採用したとしても、その悪い業務環境が細分化されるだけです。期待していた業務の円滑化や軽減に結び付かない可能性が高いのです。

 

「新たな戦力確保を行う前に、現有戦力で生産性を上げてみる」

安易に人材募集しないよう、まずやるべきことに着手すべきでしょう。