ブロンドヘアと快適な店内の共通点

黒い髪の日本人よりも、ブロンドの髪の白人の方がスタイリッシュやスリムに見えるのは、スタイルの良し悪しではありません。明るい髪色が、軽いイメージを与えるからです。


要するに、色が明るくなるほど軽く感じ、黒色に近づくほど重く感じる、と言えます。

 

さて、私が様々なお店を訪れる中、店内において大変圧迫感を感じるケースがあります。

それは、明度の低い色(黒色など)の壁紙や商品が店内上部で活用されているお店です。

※特に、日本は米国など海外と比べて天井高が低い店舗が多く、より強く圧迫感を与えやすいので、注意が必要です。

 

これらのお店を訪れたお客さまは、早くお店を出たいと感じやすくなります。

 

従って、お客さまに圧迫感を与えないためには、上述のブロンド髪の例と同様、店内の天井や壁面上部には明るい色の壁紙や商品を活用することを守っていただく必要があるのです。