☞店舗集客&売上アップ

居抜き店舗への入居は、残されていた設備をそのまま使えるケースが多く、投資額を安く抑えられるメリットがある一方で、以前あった店舗の撤退イメージが当初付きまとうデメリットも存在します。 本日は居抜き店舗への入居を決めた際に必ずご留意いただきたい3つのポイントについてお伝えします。...

集客の参考になれば、と訪れた繁盛店。 さて、どのような点に着目しますでしょうか? ・店の外まで伸びる行列 ・お客さまで賑わう店内 ・スタッフの活気ある接客   これらは繁盛店を訪れた際によく見る風景です。 でも、残念ながらこれらを眺めているだけではご自身の経営に活かすことができません。...

アルバイトやパートを採用した後、早速仕事を与えるお店を多くお見受けします。 就業初日から何らかの業務を与え、1日でも早く仕事に慣れてもらおうとする意図があるようですね。...

店舗が建物の2階以上または地階に位置する場合、1階の路面店舗と比較すると、集客のハードルは高くなります。 ある調査では「店舗の入りやすさ」を数字化したところ、1階の店舗を「100」とした場合、2階は「87」、3階は「61」、4階は「47」、地下1階は「81」という結果が得られました。...

売上が伸び悩んでいる時に是非お取組みいただきたいことがあります。 それは、商品やサービスが持つ価値の「再構築」。 これまで提供してきた商品やサービスにアレンジを加え、これまでとは異なる新たな価値を提供し、売上を作ってゆく考え方です。 この考え方を実践する4つのアクション。 それは「増やす」「付け足す」「取り除く」「減らす」です。...

住宅街で店舗経営している事業者さまに、必ず取組んでいただきたいことがあります。 それは「店舗の商圏の特性を知り順応する」こと。 「どのような人たちが暮らしているのか?」 「どのような業態の会社や工場があるのか?」 「病院はいくつあるのか?」…...

毎日のように来店してくれる「常連客」。 お店にとって、大変有難い存在です。 では、なぜ常連客は高い頻度で来店してくれるのでしょうか。 その理由は、お店の商品やサービスが気に入っているから、だけではありません。 常連客がそのお店に通う代表的な理由は、次の3つです。 ●コミュニティの存在(そのお店に行けば、スタッフや友人、親しい人と会える)...

セット販売は2つ以上の商品を組み合わせて販売することで、客単価アップに繋がる重要な販売戦略の一つです。 セット販売に関心を示す主な客層は「初回来店のお客さま」「予め買うものを決めずに来店したお客さま」「依存思考のお客さま」の3つ。 この3つの客層が多く来店するお店はセット販売を取り入れることで、新たな売上を作ることが可能となります。...

「売上を2倍にしなさい」 仮にこのように命令されたとしたら、かなりの難題を突き付けられたと感じませんか? 売上を2倍にするために「今より2倍、働かないと…」「今より2倍、集客しないと…」といった感覚で受け止めた方も多いのではないでしょうか。 でも、考え方を変えることで、売上を2倍にすることは難しくないのです。...

売上が低迷している時はどうしても感情がネガティブになり、思考もストップします。 このような時は、無理やりに感情やテンションを上げようとせず、一旦冷静に思考を整理してみることが大切です。 例えば… 「いつ頃から売れなくなったっけ?➡その頃に何か変えたこと、変わったことはあったかな?」...

さらに表示する