☞店舗集客&売上アップ

売上が伸び悩むお店に多い特徴。 それは「全てにおいて平均点」であること。 商品、店舗イメージ、サービス、接客、価格、ボリューム、内外装など、あらゆる点で同業他店と比べて特別劣る点がないものの、特別優れている点もないお店です。 これらのお店は全てにおいて平均的な印象。...

地域で商売を長く続けるためには、ご自身のお店の商圏情報を常に収集し、且つ地域との関わりを持ち続けることが大切です。 本日は、自店の商圏を把握する3つの方法についてお伝えします。 ※なお、商圏とは「自店の経営が成り立つために必要な客数をカバーするエリア」とお考えください。 まずは、商圏に関する基本情報の収集。...

新型コロナウイルスの影響もあり、現在、多くの商店街が活気を失っています。 そもそも商店街の衰退はコロナ以前から。 最近では若手経営者が中心となり、街バルなど活気を取り戻すための様々なイベントを実施していますが、残念ながらいずれも一時的な集客効果しか得られず、商店街利用客の定着に至らないのが現実です。...

店舗事業者の営業時間は、通常、常識的な観点から決定するのが一般的です。 例えば、書店であれば朝10時開店~20時閉店とする店舗が多い一方で、13時開店~23時閉店の店舗はほとんどありません。 でも、営業時間は本来、主要客層が最も利用しやすい時間を分析した上で設定した方が、お客さまと店舗の双方にメリットが生まれます。...

集客に課題を抱える店舗事業者の特徴の1つに、店頭訴求の失敗があります。 例えば、以下のような店頭になっている場合は早急に改善が求められます。 ・情報物(看板やポスター、など)が全くない、または、情報過多の状態 ・情報物はあるが文字は小さく、読みづらい ・情報がいつも同じ ・情報の表現がわかりづらい(カタカナ表記、専門用語の多用 など)...

家族経営で長くご商売を続けている事業者さん。 身内だけで構成された最小のチーム編成や強い絆、高い連携力、金銭管理の安心感など、経営の持続性を高める必要条件を満たしていると言えます。 また、経営に関する様々な苦労を常に家族内で意識共有していることから、互助意識が働きやすいことも長く経営を支える理由の一つです。...

阪神間の高級住宅地に立地する、とある洋菓子店。 1番人気商品の苺ショートケーキが1つ約千円と、比較的高額な価格設定にもかかわらず、連日夕方には売り切れです。 来店されるお客さまも近隣地域の住人だけでなく、片道1時間以上をかけて遠方からわざわざこの苺ショートケーキを買いに来る方もいる程の超人気店です。...

「それでお客さまは喜びますか?」 この言葉は、松下電器産業(現:パナソニック)の創業者:松下幸之助氏が口ぐせのように自社の社員に発した言葉です。 幸之助氏は、社内で商品開発について議論している時、何度も社員へ問いかけたのです。「それでお客さまは喜びますか?」と。...

人の視線は「左⇒右」に移る習性があります。 この視線の動きを踏まえた商品展示を行うことで、お店が売りたい商品をお客さまへ買っていただけるように誘導することが出来ます。...

毎日のように来店してくれる「常連客」。 お店にとって、大変有難い存在です。 では、なぜ常連客は高い頻度で来店してくれるのでしょうか。 その理由は、お店の商品やサービスが気に入っているから、だけではありません。 常連客がそのお店に通う代表的な理由は、次の3つです。 ●コミュニティの存在(そのお店に行けば、スタッフや友人、親しい人と会える)...

さらに表示する