☞店舗集客&売上アップ

来店メリットを強く訴求する手法。 その1つに「目玉商品」の販売があります。 目玉商品とは、他店では購入できない価格を設定することでお客さまの関心をひき、来店を促す商品です。 では、目玉商品の価格はいくらに設定すればよいのでしょうか。 本日は、価格を決める1つの指標をご紹介します。 それは、少し専門的な表現ですが「差別化倍率」という指標。...

商品が毎日売れ残る状況…。 …であれば、生産量の見直しを行う必要がある一方で、新たな販売方法についての検討、着手にも取り組みたいところです。 毎日売れ残りが生じているお店には共通点があります。 その1つが、商品を「単品」でしか販売していない、ということ。 単品販売だけを行う店舗では、当然ながら、来店客は単品購入です。...

店舗の鮮度イメージを高める上において、定期的な新商品・新サービスの提供は不可欠です。 但し、資金・資本が少ない個人経営店が新たなチャレンジに失敗にした場合、大きな経営ダメージを負う場合があります。...

小さなお店でも「高品質志向」のお客さまと「低価格志向」のお客さまの双方を取り込むことで、売上をより安定的に伸ばせる戦略。 それが「2プライスゾーン戦略」です。 例えば、洋菓子店の場合、お客さまが特別な日のために高級ケーキをお買い求めになる時もあれば、日常時の食後デザートとして安価なケーキを求めて来店する時もあります。...

エステ商品や重衣料(コートやスーツ等)など、概ね10000円以上の商品は飲料や日用品といった最寄品のように気軽にご購入いただけません。 これら高価格商品を買っていただくために店舗が取り組むべきこと。 それは「認知率」と「お試し率」の双方を上げることです。...

地域で商売を長く続けるためには商圏情報を常に収集し、地域との関わりを持ち続けることが大切です。 本日は、自店の商圏をどのように把握し対応すべきか、についてお伝えします。 ※なお、商圏とは「自店の経営が成り立つために必要な客数をカバーするエリア」とお考えください。...

新規オープン時に大量のチラシ配布等の広告宣伝を行い、開店初日から多くの集客を目論む店舗をよくお見受けます。 初動時から沢山のお客さまに来店いただき、経営面において幸先の良いスタートをきりたい想いは大いに理解できますが、本格的に集客策を行うのは、早くても「開店から1週間過ぎた」あたりから行うことをお勧めします。...

集客が図れないお店の特徴の1つに、店頭訴求の失敗があります。 例えば、以下のような店頭になっている場合、早急に改善が求められます。 ・情報物(看板やポスター、など)が全くない、または、情報過多の状態 ・情報物はあるが文字は小さく、読みづらい ・情報がいつも同じ ・情報の表現がわかりづらい(カタカナ表記、専門用語の多用 など)...

居抜き店舗への入居は、残されていた設備をそのまま使えるケースが多く、投資額を安く抑えられるメリットがある一方で、以前あった店舗の撤退イメージが当初付きまとうデメリットも存在します。 本日は居抜き店舗への入居を決めた際に必ずご留意いただきたい3つのポイントについてお伝えします。...

集客の参考になれば、と訪れた繁盛店。 さて、どのような点に着目しますでしょうか? ・店の外まで伸びる行列 ・お客さまで賑わう店内 ・スタッフの活気ある接客   これらは繁盛店を訪れた際によく見る風景です。 でも、残念ながらこれらを眺めているだけではご自身の経営に活かすことができません。...

さらに表示する