☞店舗集客&売上アップ

商品を販売当日に売りきることが出来なければ、それは売れ残りとなります。 売れ残りは店舗にとって「製作に生じた時間や材料費の損失」となりますので、当然、経営上においても極力発生を防ぎたいところです。...

来週から7月。 経営自粛の緩和を受け、売上を作る準備をしっかり整えてゆきたいところです。 さて、貴方の町にも、古くから続くお好み焼屋はありませんか?...

あなたのお店が取扱う商品群の中で、最も多い価格帯はどの辺りでしょうか。 例えば、喫茶店では500円前後、中華料理店では1000円前後、美容院では5000円前後位が、それぞれ価格帯として多いようです(当然、同じ喫茶店業態でも狙う客層やコンセプト等によって、最多価格帯は異なります)。...

売上が伸びないお店に多い特徴。 それは「全てにおいて平均点」であること。 商品、サービス、接客、価格、ボリューム、内外装など、同業他店と比べて特別劣る点がないものの、特別優れている点もないお店…。 これらのお店は全てにおいて平均的な印象を受けるため、お客さまがわざわざそのお店を利用する理由が乏しく、一度来店しても再来店に繋がりません。...

「アルバイトを採用しても、直ぐに辞めてしまう…」 このような悩みを持つお店には、1つの共通点があります。 それは「お店に合わない人を採用している」こと。 特に人手を急いで確保したい気持ちが先行していると、面接は採用を前提とした「形だけの面談」となる傾向があります。 でもその結果、お店の特徴や体質に合わない人も採用してしまっているのです。...

地域商売を長く続けるためには、商圏となる地域の情報を常に収集し、関わりを持ち続けることが重要です。 本日は、自店の商圏をどのように考え、対応すべきか、についてお伝えします。 ※商圏とは「自店の経営が成り立つために必要な客数をカバーするエリア」とお考えください。...

阪神間の高級住宅地に立地する、ある洋菓子店。 1番人気商品の苺ショートケーキが1つ約千円と、比較的高額な価格設定にもかかわらず連日売り切れ。 お客さんも地域の住人だけでなく、2時間以上をかけて遠方からわざわざショートケーキを買いに来るお客さんもいる程の超人気店です。 このお店が多くのファン客を魅了し続けているには、理由があります。...

新型コロナの影響を受け、テイクアウト販売を新たに始める飲食店が急増しています。 これまでお店でしか食べることができなかった料理を自宅で味わえるのは、消費者にとって、飲食店の新たな楽しみ方として受け入れられつつあるようです。...

自店の広告物や看板の「危険性」について、意識をされていない店舗経営者を多くお見受けします。 屋外に設置している看板は、雨や風、日差しなどの厳しい自然環境にさらされています。 表面からは問題ないように見えても、内部では腐食が進み、落下や倒壊などの事故を招く恐れがあるのです。...

競合他店に勝つための「差別化戦略」は店舗経営において大変重要な取組みですが、差別化する要素として絶対外してはいけないことがあります。 それは、差別化するポイントが「顧客のニーズを満たすもの」。...

さらに表示する