店内バックヤードの広さについて

貴方のお店のバックヤード(ストック場)は、どのくらいの広さがありますか?

 

バックヤードが広い場合、従業員やスタッフがそのスペースで「後方作業」を行う

時間が増え、その分接客にかける時間が減る傾向が強くなります。

その結果、顧客満足を高めることが難しくなるのは、言うまでもありません。

 

バックヤードは売場と違い、売上を生み出さないスペースです。

また、商品管理がしやすくなる観点からもバックヤードは必要最低限とし、売場を最大限確保することに努めましょう。