休眠客を掘り起こす「3ステップ・レター」

「そういえば、あのお客さん、最近来てくれないなぁ…」

以前来店されたにもかかわらず、最近来店しないお客さまを「休眠客」と呼びます。

 

本日は、美容院などお客さまリストをお持ちのお店に、休眠客の再来店を促す簡単な手法をお伝えします。

 

それは「3ステップ・レター」。

その名の通り、休眠客へ計3回手紙を送ります。

 

手紙の趣旨は、下記の流れで構成します。

1回目「ご無沙汰しております。クーポンをお送りしますので、是非ご利用ください」

2回目「以前お送りしたクーポンの期限が近づいて参りましたので、連絡させていただきました」

3回目「もうすぐクーポンの期限が切れますので、お知らせのため、連絡させていただきました」

 

休眠客は1回のレターだけではアクションを起こしてくれません(従って、この時点で休眠客の誘客を諦めてはいけません)。

このように2回、3回とレター接触を重ねることで、ようやく休眠客に対して意識喚起を図ることが出来るのです。

 

逆に言えば、これら3回の接触でも再来店いただけないようであれば、お客さまリストの鮮度を保つ観点からも、そのお客さまの名前を削除する判断材料としても良いでしょう。