経営の健全性を高める「2社購買」

仕入れ先(供給業者)を1社に限定することによる「弊害」。

 

それは、その1社の供給業者に大きく仕入れ依存しているため、供給業者側の交渉力を高めてしまうことです。

 

供給業者の交渉力が高まることで、購入側は必然的に交渉力は低下します。

 

その結果、例えば、供給数や価格、納期など折衝事が生じた場合において、購入側が譲歩せざるを得ない状況となり、やがて購買側の収益性が圧迫されることに直結します。

 

従って、経営の健全性を高めるためには、供給業者を特定の1社に依存するのではなく、必ず「2社」購買を行う。

 

複数の供給業者と付き合うことで、購買側がより対等な交渉力を得ることができるのです。