「100円商店街」とは?

最近、全国で「100円商店街」を実施する商店街が増えています。

 

「100円商店街」とは、商店街各店がそれぞれ100円で販売する商品やサービスを用意し、地域の方に気軽にお店を利用してもらう集客施策です。

 

その「100円商店街」が本日、大阪市住吉区のあびこ中央商店街で開催していましたので、JRと地下鉄を乗り継ぎ、行ってきました。

 

参加店の多くは店頭で100円商品を並べ、その横でスタッフがお店の前を通行する人へ積極的に声かけを行う等、参加店が活気ある雰囲気を作れていることは大変良かったと言えます。

 

但し、「100円商店街」を単なる1日イベントで終わるのではなく、各店への「ファン化を促すきっかけ作り」にするのであれば、100円商品をきっかけに来店されたお客さまに対して、更なるアプローチや取組みが必要です。

 

例えば、再来店に繋げるためのクーポンを渡すことや(来店回数が増えるほど、お客さまの定着率が高まるため)、お店が最もお客さまに買って欲しい商品やサービスを同時にお試し提供して知ってもらう等、100円商品を買ってもらうことに「プラスα」の仕掛けを加えておきたいところです。

 

イベントで集客しても、それは一時的なもの。

イベントをお客さまに「認知いただく機会」にすることで、イベント参加の価値が生まれるのです。